« 『骨から見た日本人 古病理学が語る歴史』 | トップページ | 『現代語訳 南海寄帰内法伝 七世紀インド仏教僧伽の日常生活』 »

2016年7月12日 (火)

『医学の歴史』

 

梶田 昭:著 講談社学術文庫 2003年(電子版2015年)

 

 巻頭に酒井シヅ先生の「推薦のことば」がある。それによると本書は編集者の求めに応じた書き下ろしである。西洋医学を中心に東洋医学、イスラム医学にも触れながら、人類の医学発展の歩みを綴ることを編集者から求められたということである。この本はその要求を見事にかなえ、読み物としても大変面白いものとしている。著者の梶田昭氏は病理学の専門家であったが、女子医大を定年で退職後、いくつもの医学史の名著の翻訳をなさっていた。旧約聖書や古代インド医学なども含む、非常に広範な資料を読まれたに違いない著者の筆は、本当に自由自在に時代と地域を飛び越えて、様々なヒントを与えてくれる。


インドや中国の医学について述べた章に、碩学ラッセルの『西洋哲学史』の「私たちが世の中でくつろいで暮らそうとするなら、アジアを私たちの思考の中へ、政治的にだけではなく、文化的にも同等なものとして受け入れなければならない」というくだりを紹介し、また「病院をキリスト教の発明と見なすのは間違いだ」と述べ、スリランカには前5世紀から病院と保養所があったことを紹介している。近代西洋医学の歩みを追ってきた我々日本人は、ともすると医学史を考える時も西洋に過大なものをみてしまうが、梶田氏は膨大な文献を渉猟して、その誤解を正してくれているように感じた。本阿弥光悦とガリレオ・ガリレイが生没年をほぼ同じくすること、またその秀吉の時代についてのネルーの日本についての言及など、医学史に限らない世界史の大きな流れの中で、見落としてはいけないものをできる限り拾って一冊の本にしてくださっているように思われた。


 もちろん、解剖学、外科学、生理学、細胞学、栄養学、病理思想、感染症、免疫学、生化学、分子生物学といった近現代の流れについても書かれていて、電子版で読んだ筆者は多くの傍線を付しながら読ませていただいた。

« 『骨から見た日本人 古病理学が語る歴史』 | トップページ | 『現代語訳 南海寄帰内法伝 七世紀インド仏教僧伽の日常生活』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586801/63905478

この記事へのトラックバック一覧です: 『医学の歴史』:

« 『骨から見た日本人 古病理学が語る歴史』 | トップページ | 『現代語訳 南海寄帰内法伝 七世紀インド仏教僧伽の日常生活』 »